提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

アマチュア無線:Turbo HAMLOG

Turbo HAMLOG for Windows

Thw.jpg

WindowsXP/vista/7/8等x86系Windowsで動作する、Turbo HAMLOG for Windowsです。現在はDOS版の開発は終了し、このWindows版のバージョンアップが続けられています。 入力ウィンドウの操作体系はDOS版を継承し、更にWindowsのGUIを得たことにより、操作性、機能の向上が図られています。DXにも対応し、ロングコールサインの入力も可能です。

入力ウィンドウでは、コールサインを入力すると、日付、時刻が自動挿入されます。入力項目は、RSレポート、運用周波数、モード、JCC/Gコード、グリッドロケーター、QSL発行、氏名、QTH、リマークス欄がありますので必要事項を入力します。 Turbo HAMLOGには日本全国とDXのQTH情報が登録されており、JCC/JCGコードあるいは市区郡町村の頭文字の入力だけでQTH欄に正確な住所を取り込むことが可能です。また、HAMLOGには入力を補助する機能として、コールサインを入力するだけでテキストデータを検索し、氏名、住所等を自動挿入する機能が装備されています。これにより、リアルタイムロギングの際のキーボード入力の手間が軽減され、よりQSOに専念できるメリットがあります。

その他、データの検索、wkd/cfm管理、QSLカード印刷、Rigコントロール、電子QSL、等豊富な機能を備えており、ログ入力から、QSL管理までトータルにご使用頂ける仕様となっています。初心者でも使いやすいユーザーインターフェースと、ヘビーユーザーでも満足する豊富な機能は多くのアマチュア無線家に認められています。

カテゴリ