提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

マザーボードの稼働状況を知る (Linux)

sensorsこまんどで、マザーボードの動作状況を確認できるようする。

sensorsコマンドのインストール

[root@host3 ~]# yum install lm_sensors

sensorsコマンドの初回実行

[root@host3 ~]# sensors                                                                         
nouveau-pci-0100
Adapter: PCI adapter
fan1:        6720 RPM
temp1:        +49.0°C  (high = +95.0°C, hyst =  +3.0°C)
                       (crit = +105.0°C, hyst =  +5.0°C)
                       (emerg = +135.0°C, hyst =  +5.0°C)

sensors-detectコマンドの実行

マザーボード上のセンサーを見つけ、読み取ることができるようにするsensors-detectコマンドを実行します。実行するとsensorを見つけるためにデバイスのスキャンをするかどうか、質問がきます。詳細を判断できないので、全部「Yes」で押し通しました。

[root@host3 ~]# sensors-detect
・
・
・

sensorsコマンドの実行

私の使っている自宅サーバーは、検出できる項目が少ないです。

[root@host3 ~]# sensors                                                                         
nouveau-pci-0100
Adapter: PCI adapter
fan1:        6720 RPM
temp1:        +50.0°C  (high = +95.0°C, hyst =  +3.0°C)
                       (crit = +105.0°C, hyst =  +5.0°C)
                       (emerg = +135.0°C, hyst =  +5.0°C)

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0:       +36.0°C  (high = +89.0°C, crit = +105.0°C)
Core 2:       +33.0°C  (high = +89.0°C, crit = +105.0°C)