提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

ヤマハ(YAMAHA):YST-SW325

カテゴリ

1F1EE8DABA2E434B96BD1922660EE670 12073 14M.jpg

  • 希望小売価格: 39,900円(税込) (本体価格: 38,000円)
    (1台)
  • <325シリーズ>のための専用チューニングを実施した、リアルウッド突板仕上げのA-YSTIIサブウーファー

Rakuten.gif Amazon.gif

主な特徴

NS-325シリーズとの組み合わせに使用に最適な音質チューニングと外装仕上げ

ウーファーユニットのエッジと厚みと形状を変更して振動系全体の剛性をさらに高めるなど、低域再生能力にすぐれたNS-325シリーズとの組み合わせ使用を前提とした本機専用の音質チューニングを実施。より解像度が高く深みのある、躍動感あふれる重低音再生を実現します。またキャビネットも、他のNS-325シリーズと共通の美しいリアルウッド突板仕上げとしています。

先進のA-YST II、リニアポートによる、スピード感のあるクリアで上質な重低音

駆動力と同時に正確な制動力を持つパワーアンプでスピーカーユニットを正確にドライブすることにより、空気そのものの共振を最大限に利用する「エア・ウーファー」を実現するヤマハ独創の重低音再生技術、A-YST(アドバンスド・ヤマハ・アクティブサーボ・テクノロジー)方式をさらに大幅に改良した先進のA-YST II方式を採用。また、重低音を放出するYSTポート部にも改良を加え、よりなめらなかな(リニアな)音流を実現する「リニアポート」を採用し、よりスピード感のあるクリアで上質な重低音再生を実現しています。

サブウーファーに最適な周波数特性を実現するQD-Bassテクノロジーを採用

キュービックスタイルの高剛性キャビネットに、ウーファーユニットを下向きに装着し、キャビネット底面のピラミッド型拡散板によって低音エネルギーを4水平方向に効率よく放射するヤマハ独自の「QD-Bass(キューディー・ベース)テクノロジー」を採用。脚部形状の更なる改良や、設置後の再調整に便利な背面上部の操作パネルとも相まって、床材や設置場所といった環境の影響を受けにくい、スムーズな再生周波数特性と優れた使い勝手を実現しました。

仕様

主な仕様

型式 アドバンスド・ヤマハ・アクティブサーボ・テクノロジーII(A-YST II)
出力 150W(5Ω)
再生周波数帯域 25Hz~180Hz(-10dB)
スピーカーユニット 20cmコーン型(防磁)
入力端子 INPUT1:スピーカーターミナル、INPUT2:RCAピンジャック
消費電力 60W
待機時消費電力 0.5W
外形寸法(幅×高さ×奥行) 315W×380H×374Dmm
質量 13.0kg
付属品 サブウーファー用ピンケーブル(5m)、スピーカーケーブル(4m)2本、滑り止めパッド(4枚)

主な機能

ハイカットフィルター 50~150Hz連続可変
B.A.S.Sモード切換 ●(MOVIE、MUSIC)
位相切換スイッチ
オートスタンバイ機能