提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

ラックスマン(LUXMAN):M-200

空間に満ちる、音楽の知られざる息遣い―。
オーディオの醍醐味。それはコンサートホールやライブハウスで鳴っていた音のエネルギーを、もう一度リスニングルームという新たな空間へと解き放つこと。その深い音楽体験と感動が趣味の世界への新たな興味と探究心を呼び起こすのです。M-200はB4書類サイズというコンパクトな筐体にラックスマンこだわりの回路と機能を凝縮したステレオ・パワーアンプ。スピーカーを通して再現された演奏の息遣いが空間に満ちたとき、音楽の知られざる姿を感じることが出来るはずです。

Rakuten.gif Amazon.gif

主な特徴

コンパクトな筐体に25W+25W(8Ω)の出力

M-200は、USB D/AコンバーターDA-200と同一のB4書類サイズというコンパクトな筐体に、25W+25W(8Ω)の充実した出力が余裕ある駆動力を実現し、PC等をソースとしたデスクトップシステムから本格的なピュアオーディオまで様々な用途に活用できるパワーアンプです。

ディスクリート回路とプッシュプル出力段

M-200-04.jpg

増幅回路にはプリメインアンプ500シリーズと同等の高性能部品を贅沢に使用したディスクリート構成を採用し、繊細かつ豊かな音楽表現を可能にしました。さらにPC150Wタイプの大容量パワートランジスターをプッシュプル構成で搭載し、高いスピーカードライブ能力を獲得しました。

BTLモノラル出力モード

さらなるハイパワーを実現するBTLモードにより、低能率のスピーカーや大口径のフロア型スピーカーを十全に駆動する70W(8Ω)出力のモノラルアンプとして使用可能です。また、お手持ちのプリアンプやプリ/パワーを分離可能なプリメインアンプにM-200を追加することで、高品位なバイアンプ構成もお楽しみいただけます。

ハイイナーシャ(高慣性)電源

高レギュレーションの電源トランスと大容量コンデンサー(5,200μF×2本)を組み合わせた、瞬発力と安定感を備えたハイイナーシャ(高慣性)電源を構成。整流回路にはスイッチングノイズが少なく、直流電圧への変換効率が高い日本インター製ショットキーバリア・ダイオードを採用。高品質な電源環境による力強い音楽表現と、静謐な再生空間を実現しました。

こだわりのオリジナル技術

ドライブ力を向上する低抵抗値のスピーカーリレーをパラレル接続。また、伝統のラウンドパターン配線基板やオリジナルカスタムパーツ等をふんだんに採用しました。さらに、シャーシ電流によるアース・インピーダンスの上昇を抑えるループレスシャーシ構造で筐体構成も万全です。

位相反転スイッチ付きバランス入力

ハイグレードなアンプシステム等との耐ノイズ性能に優れた高品質なバランス信号伝送に対応する、XLRバランス入力端子を装備。また、配線仕様の異なる他社製機器と接続するときに便利なバランス入力位相反転スイッチを搭載しました。

RCA入力端子とスピーカー端子

大型のプラグを装着できる18mmピッチのRCA入力端子や、Yラグ・バナナ端子に対応し、配線の容易なインライン(横一列)レイアウトで極太のケーブルも装着しやすい大型スピーカー端子を採用しています。

LEDパワーメーター

表示部には視認性に優れた7セグメントLEDを使用した多機能ディスプレイを採用。再生信号に応答するパワーメーターは、ホールドタイムやスピーカー・インピーダンスの設定変更に加え、消灯まで3段階の明るさ調節も可能です。

M-200-05.jpg
パワー表示(ステレオ時)
M-200-06.jpg
パワー表示(BTLモノラル時)
M-200-07.jpg
ホールドタイム設定
M-200-08.jpg
スピーカー・インピーダンス設定

バリアブル入力モード

M-200には信号がボリュームをバイパスするダイレクト入力モードと、DA-100のようなプリ機能のないUSB D/Aコンバーターや、CDプレーヤーなどのソース機器との直結接続も可能なバリアブル(音量調節可能)入力モードを搭載しました。

リファレンス電源ケーブルの付属

電源ケーブルの着脱が可能なACインレット方式の採用に加え、付属ケーブルとして、ノンツイスト構造により聴感上の周波数のうねりを解消し、自然で伸びやかな音色が得られるリファレンスモデルJPA-10000を用意しました。 |]

主な仕様