提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

メインページ > ヘルプ:目次  > 自宅サーバー2号機 (HP ProLiant ML110G5)

はじめに

  • 2011年3月 購入
  • CentOS 7 を導入し自宅サーバー2号機として使っている。

変更及び追加

メモリー追加

  • PC2-6400 アンバッファ DDR2 ECC 800MHz
    • 1GB x 1枚追加(2011/03/31)
    • 2GB x 2枚追加(2013/11/04)

HDD交換

  • HDD500GB(SATA) x 2

CPU交換

  • Intel(C) Core 2 Duo Processor E4600 2.40GHzに交換しました。(2014/08/22)
  • Core 2 Duo Processor E8500(3.16 GHz、6MB L2、1333MHz FSB、65W、45nm)に交換しました。(2015/02/25)

「ML110 G5」仕様

記憶が曖昧なので忘れないうちに書いておく。ここで書いているスペックは、購入した時点について書いている。

6888.jpg

OS なし
CPU インテル(C) Celeron(C) プロセッサー 420(1.6GHz)
キャッシュ メモリ512KB L2キャッシュ
チップセット インテル3200
メモリ保護 ECC
メモリ種類 PC2-6400 アンバッファ DDR2 ECC 800MHz
メモリ標準 1024MB
メモリ最大 8GB
ネットワーク コントローラ 内蔵NC105i PCIe Gigabitサーバ アダプタ
(10Base-T/100Base-TX/1000Base-T)
拡張スロット スロット4 PCI Express x8
スロット2/3 PCI Express x1
スロット1 32ビット/33MHz PCI 3.3V
標準ストレージ コントローラ オンボード SATAコントローラ(内蔵RAID機能付き)
ストレージ 光学ドライブ SATA DVD-ROMドライブまたはSATA DVD RWドライブ
ストレージ ハードディスク ドライブ SATA、SAS
ストレージ 最大内蔵容量 SAS(ノンホットプラグ)1.2TB (4×300GB)
SATA(ノンホットプラグ) 2TB (4×500GB)
インタフェース シリアル1個
ポインティング デバイス(マウス)1個 *PS/2ポート
キーボード1個 *PS/2ポート
グラフィックス1個 D-sub
USB 合計8(背面×4、フロント パネル×2、内部×2(1個はUSBテープ接続用))
グラフィックス 内蔵8MBビデオ コントローラ(1600×1200×16ビット カラーをサポート)
形状 Micro ATXタワー型(4U)
業界標準規格 ACPI V2.0準拠、PCI 2.3準拠、PXEサポート、WOLサポート、IPMI 2.0準拠
管理機能 内蔵IPMI標準レポート、オプションのHP ProLiant Lights-Out 100cリモート マネジメント カード
セキュリティ 電源投入時パスワード、セットアップ パスワード
サーバの電源コード 国別低電圧NEMA電源コード
パワー サプライ 365W
システム ファン 1個のノンリダンダント システム ファンを標準装備
1個のノンリダンダントCPUヒートシンク ファンを標準装備
寸法(高さ×幅×奥行き)(脚含む) 36.7×17.5×42.6cm
重量(概算) 10.8kg(1台のハードディスク ドライブ、1台のパワー サプライ、および1基のプロセッサ搭載時)