提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

CENTOS5.5にPHP5.3をインストール

最近のCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)で、PHP 5.3以上を要求するものが増えてきたので、バージョンアップすることにしました。ここのサイトでメインに使ってる「MediaWiki」「WordPross」「XOOPS」はPHPのバージョンアップをしても影響は無いと思われる。

注意事項

  1. バックアップを行った後に作業を実施してください。
  2. CentOS標準ではありませんので、作業はあくまでも自己責任で実施してください。

作業の流れは、こんな感じで。

Les RPM de Remiのリポジトリ登録

[root@host2 ~]# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm

[root@host2 ~]# rpm -Uvh epel-release-5-4.noarch.rpm

[root@host2 ~]# wget http://rpms.famillecollet.com/el5.i386/remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm

[root@host2 ~]# rpm -Uvh remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm

[root@host2 ~]# rm -f epel-release-5-4.noarch.rpm
[root@host2 ~]# rm -f remi-release-5-8.el5.remi.noarch.rpm

yumでepelのリポジトリを使えるようにする

[root@host2 ~]# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 5 – $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/5/$basearch
mirrorlist=http://mirrors.fedoraproject.org/mirrorlist?repo=epel-5&arch=$basearch
failovermethod=priority
priority=1  ← 行追加
enabled=0   ← 変更
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL

yumでremiのリポジトリを使えるようにする

[root@host2 ~]# vi /etc/yum.repos.d/remi.repo
[remi]
name=Les RPM de remi pour Enterprise Linux $releasever – $basearch
#baseurl=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/remi/$basearch/
mirrorlist=http://rpms.famillecollet.com/enterprise/$releasever/remi/mirror
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-remi
failovermethod=priority
priority=1  ← 行追加

remiのリポジトリを使用してMySQLをアップデートする

[root@host2 ~]# yum --enablerepo=remi install mysql

MySQL関連のパッケージをアップデートしたら、依存関係でPHP5.3.6がインストールされます。

Apacheを再起動

[root@host2 ~]#/etc/rc.d/init.d/httpd reload

バージョン確認

[root@host2 ~]# rpm -q php
php-5.3.6-1.el5.remi
[root@host2 ~]# rpm -q php-mcrypt
php-mcrypt-5.3.6-1.el5.remi
[root@host2 ~]# rpm -q mysql
mysql-5.1.56-1.el5.remi