提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

DHCPサーバー構築(dhcp)(CentOS6)

メインページCentOS 6 で自宅サーバー構築DHCPサーバー構築(dhcp)(CentOS6)

DHCP ( Dynamic Host Configuration Protocol ) サーバーを構築し、 LAN内のクライアントにIPアドレスの自動割当を行えるようにします。 LAN内にDHCP機能を有効にしたルーター等がいる場合は無効にしておく必要があります。

DHCPサーバーインストール

[root@host2 ~]# yum -y install dhcp

DHCPサーバー設定

以下の内容で新規作成

[root@host2 ~]# vi /etc/dhcp/dhcpd.conf
# ドメイン名指定
option domain-name "sudachi.jp";

# ネームサーバーのホスト名, またはIPアドレス指定
option domain-name-servers 192.168.1.2;

# デフォルト貸出期間
default-lease-time 600;

# 最大貸出期間
max-lease-time 7200;

# 正当な DHCP サーバーであることの宣言
authoritative;

# ネットワークアドレスとサブネットマスク指定
subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {
        option routers                  192.168.1.1;
        option subnet-mask              255.255.255.0;
        option broadcast-address        192.168.1.255;
        option domain-name-servers      192.168.1.2;
        range dynamic-bootp             192.168.1.20 192.168.1.100;
        default-lease-time              21600;
        max-lease-time                  43200;
}

DHCPサーバー起動

[root@host2 ~]# /etc/rc.d/init.d/dhcpd start ← DHCPサーバー起動
dhcpd を起動中:                                            [  OK  ]

[root@host3 ~]# chkconfig dhcpd on ← DHCPサーバー自動起動設定

[root@host3 ~]# chkconfig --list dhcpd ← DHCPサーバー自動起動設定確認
dhcpd           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off ← ランレベル2~5のonを確認