提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

MediaWiki Extension:ConfirmEdit

メインページCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)MediaWikiの構築MediaWikiに機能追加(Extension)

機能

Extension:ConfirmEdit は、アカウントの追加時やページ編集時にキャプチャ(CAPTCHA)による質問を追加する。

キャプチャの種類は複数用意されている。

モジュール 説明 スパムで有効
SimpleCaptcha 簡単な計算を質問するキャプチャ。(デフォルト)
MathCaptcha Tex で画像を生成し、計算を質問するキャプチャ。
FancyCaptcha 画像に書かれている文字を入力させるキャプチャ。
QuestyCaptcha 質問と答えを予め設定しておき、答えを入力させるキャプチャ。 強力
ReCaptcha ReCaptcha を利用するキャプチャ。
Are You A Human 簡単なパズルに答えるキャプチャ。

導入方法

ダウンロード

  1. http://www.mediawiki.org/wiki/Extension:ConfirmEdit からダウンロード。
  2. snapshot または masterをダウンロードする。snapshotを選んだときは、次のページでMediaWikiのバージョンを選ぶ。

ConfirmEdit-01.gif

インストール

ダウンロードしたファイルを解凍し「extensions」にアップロードする。

LocalSettings.phpの設定

MathCaptcha基本設定

画像として表示さだ数学の問題回答しなければならない。

LocalSettings.phpに下記の行を書き加える。

MediaWiki version 1.25 以降

wfLoadExtension( 'ConfirmEdit' );
wfLoadExtension( 'ConfirmEdit/MathCaptcha' );
$wgCaptchaClass = 'MathCaptcha';

MediaWiki version 1.25 以前

require_once("$IP/extensions/ConfirmEdit/ConfirmEdit.php");
require_once("$IP/extensions/ConfirmEdit/MathCaptcha.php");
$wgCaptchaClass = 'MathCaptcha';

利用者グループごとに、キャプチャをスキップするかどうか設定する

$wgGroupPermissions['*'            ]['skipcaptcha'] = false;  //Default false
$wgGroupPermissions['user'         ]['skipcaptcha'] = true;   //Default false
$wgGroupPermissions['autoconfirmed']['skipcaptcha'] = true;   //Default false
$wgGroupPermissions['bot'          ]['skipcaptcha'] = true;   //Default true
$wgGroupPermissions['sysop'        ]['skipcaptcha'] = true;   //Default true

メール確認したユーザー

自分のメールを確認したユーザーのためにCAPTCHAのをスキップするには、両方の設定する必要があります。

$wgGroupPermissions['emailconfirmed']['skipcaptcha'] = true;
$ceAllowConfirmedEmail = true;

キャプチャを必要とする操作を指定する

$wgCaptchaTriggers['edit']          = false; // Would check on every edit
$wgCaptchaTriggers['create']        = false; // Check on page creation.
$wgCaptchaTriggers['addurl']        = true;  // Check on edits that add URLs
$wgCaptchaTriggers['createaccount'] = true;  // Special:Userlogin&type=signup
$wgCaptchaTriggers['badlogin']      = true;  // Special:Userlogin after failure