提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

NTPサーバー構築(CentOS6)

メインページCentOS 6 で自宅サーバー構築NTPサーバー構築(CentOS6)

NTPサーバーを構築して、サーバーのシステム時刻を日本標準時間に自動的に合わせる。

NTPサーバーインストール

[root@host3 ~]# yum -y install ntp ← NTPサーバーインストール

NTPサーバー設定

[root@host3 ~]# vi /etc/ntp.conf ← ntp設定ファイル編集
# Hosts on local network are less restricted.
#restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap
restrict 192.168.1.0 mask 255.255.255.0 nomodify notrap ← 追加(内部からの時刻同期を許可)

# Use public servers from the pool.ntp.org project.
# Please consider joining the pool (http://www.pool.ntp.org/join.html).
server 0.rhel.pool.ntp.org
server 1.rhel.pool.ntp.org
server 2.rhel.pool.ntp.org
↓ 時刻同期先NTPサーバーを変更
server ntp.nict.jp # 日本標準時を提供しているNTPサーバー(stratum 1)
server ntp.jst.mfeed.ad.jp # 上記サーバーと直接同期しているNTPサーバー(stratum 2)
server ntp.ring.gr.jp #  公開NTPサーバー

NTPサーバー起動

NTPサーバー起動時に大幅に時刻がずれているとNTPサーバーが起動できないので、いったん、手動で時刻を合わせる
[root@host3 ~]# ntpdate ntp.nict.jp
17 Oct 15:10:09 ntpdate[9609]: adjust time server 133.243.238.244 offset -0.000222 sec

[root@host3 ~]# /etc/rc.d/init.d/ntpd start ← NTPサーバー起動
ntpd を起動中:                                             [  OK  ]
hkconfig ntpd on ← NTPサーバー自動起動設定