提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

Scientific Linux 小技集

yumによる自動アップデートを禁止するパッケージを指定する

自動アップデートされては困るパッケージがある場合、yumの設定ファイルにそのパッケージを指定することにより、指定したパッケージの自動アップデートを禁止できる。

[root@host2 ~]# vi /etc/yum.conf
[main]
・・・・・
exclude= パッケージ名
  • 複数のパッケージを指定する場合は、空白で区切って指定する。
  • パッケージ名にはワイルドカードも指定できる。例えばopensshに関するパッケージをすべて禁止したい場合、openssh* のように指定する。

「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を無効にする

管理者や一般ユーザに問わず、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」を押すとLinuxが再起動してしまいます。 この設定を無効にするには以下のファイルを変更します。

[root@host2 ~]# vi /etc/init/control-alt-delete.conf
# control-alt-delete - emergency keypress handling
#
# This task is run whenever the Control-Alt-Delete key combination is
# pressed.  Usually used to shut down the machine.

start on control-alt-delete

#exec /sbin/shutdown -r now "Control-Alt-Delete pressed" ←コメントアウトする

initファイルに変更を加えた後、変更をアクティブにするために、リロードする必要があります。

[root@host2 ~]# init q

便利なコマンド(tree編)

「tree」と言うコマンドは、ディレクトリの構造やその中にあるファイルの一覧を表示させたい場合にとても便利なコマンドです。

コマンドインストール

[root@host3 ~]# yum install -y  tree

コマンド実行

[root@host3 ~]# tree /root/
/root/
├── anaconda-ks.cfg
├── awstatsreport.sh
├── backup.sh
├── backuplist
├── backupnolist
├── clamscan.exclude
├── install.log
├── install.log.syslog
├── iptables.sh
├── iptables_functions
└── mysql-backup.sh

0 directories, 11 files

オプション(パーミッション・オーナ・グループ)を付加して実行

[root@host3 ~]# tree -pug /root/
/root/
├── [-rw------- root     root    ]  anaconda-ks.cfg
├── [-rwx------ root     root    ]  awstatsreport.sh
├── [-rwx------ root     root    ]  backup.sh
├── [-rw-r--r-- root     root    ]  backuplist
├── [-rw-r--r-- root     root    ]  backupnolist
├── [-rw-r--r-- root     root    ]  clamscan.exclude
├── [-rw-r--r-- root     root    ]  install.log
├── [-rw-r--r-- root     root    ]  install.log.syslog
├── [-rw-r--r-- root     root    ]  iptables.sh
├── [-rw-r--r-- root     root    ]  iptables_functions
└── [-rwx------ root     root    ]  mysql-backup.sh

0 directories, 11 files