提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

WindowsからSSHサーバーへリモート接続(Poderosa鍵方式ログイン編)

メインページCentOS 6 で自宅サーバー構築WindowsからSSHサーバーへリモート接続(Poderosa鍵方式ログイン編)

本家の開発は止まっていますが、「Poderosa プロジェクト日本語」で、サポートは続いています。

鍵ペア(公開鍵/秘密鍵)作成

Poderosaを起動し、メニューの「ツール」⇒「SSH鍵作成ウィザード」で、SSH鍵作成ウィザードを起動する。

Poderosa-1.gif

任意のパスフレーズ(鍵によるSSHサーバーへのログイン用パスワード)を「パスフレーズ」欄、「確認入力」欄に入力して「次へ」

Poderosa-2.gif

ウィンドウの中でマウスを動かす※最適な乱数を発生させるため

Poderosa-3.gif

「次へ」

Poderosa-4.gif

「秘密鍵を名前をつけて保存」をクリックし、適当な名前で秘密鍵を保存する

Poderosa-5.gif

「OpenSSH形式で公開鍵を名前をつけて保存」をクリックし、適当な名前で公開鍵を保存する

Poderosa-6.gif

「完了」

公開鍵セットアップ

ユーザが作成した鍵ペアでSSHサーバーへ鍵方式でログインできるようにするため、作成した鍵ペアのうちの公開鍵をサーバーにセットアップする。
※SYSOPの部分は、ユーザー名に書き換える。

[root@host2 ~]# mkdir -p /home/sysop/.ssh ← 公開鍵格納ディレクトリ作成

[root@host2 ~]# chmod 700 /home/sysop/.ssh/ ← 公開鍵格納ディレクトリのパーミッションを変更

[root@host2 ~]# vi /home/sysop/.ssh/authorized_keys ← 公開鍵をauthorized_keysに保存
ssh-dss xxxxx・・・xxxxx ← クライアント側で作成した公開鍵の中身を全てコピーして貼り付ける

[root@host2 ~]# chmod 600 /home/sysop/.ssh/authorized_keys ← authorized_keysのパーミッションを変更

[root@host2 ~]# chown -R sysop:sysop /home/sysop/.ssh/ ← 公開鍵格納ディレクトリの所有者を変更