自宅サーバー利用状況

リバースプロキシの設定の勉強も終わり、自宅サーバーの利用状況を変更したので書いておきます。
当方が管理する全てのサイトの、サーバー証明書は FujiSSL に変更しました。

  • 自宅サーバー2号機
    • 予備機として使用。停止中
  • 自宅サーバー3号機
    • DNSサーバー稼働中
    • DHCPサーバー稼働中
    • メールサーバー稼働中
    • Webサーバー稼働中(sudachi.jp , sudachi-net.com)
  • 自宅サーバー4号機
    • Webサーバー稼働中(awajp.com)

記録のために書いておきます。

php ver7.20.10 にアップデート

自宅サーバー2台のメンテナンスを行いました。

php の バージョンを確認し、更新されていたので、アップデートしました。エラーも無く数分でアップデートは、終わりました。php.ini が、書き換えられていないか確認し、apache を再起動し動作確認しました。2台ともトラブルなく動いているようです。

このサイトのphpを7.2にアップデート

このサイトで使っている php を ver7.2 にアップデートしました。事前に別のサーバーで予行演習して、ここで実行し15分程度で終わりました。APCu+OPcache キャッシュも動作しました。

MediaWikiは、拡張機能も含めて全て正常に動作しています。

WordPressは、プラグインも含めて全て正常に動作しています。

phpBB 掲示板設置

phpBB 3.2.0 を設置しました。検索インデックスが有りませんと警告が出ますが、動作しています。日本語ファイルも旧バージョンしか存在せず、変数名がそのまま多く表示されます。付属の英語言語ファイルを見ながら翻訳をつけましたが、こちらに無い変数名もあり適当な解釈でつけていきました。トップページ横の「試験運用(CMS)」メニューにリンクがあります。
しばらく、これをいじって遊べそうです。

yum でパッケージが自動更新されました(CentOS7)

昨夜、パッケージが更新されました。

================================================================================
 Package             アーキテクチャー
                                 バージョン                  リポジトリー  容量
================================================================================
更新します:
 bind                x86_64      32:9.9.4-29.el7_2.4         updates      1.8 M
 bind-chroot         x86_64      32:9.9.4-29.el7_2.4         updates       83 k
 bind-libs           x86_64      32:9.9.4-29.el7_2.4         updates      1.0 M
 bind-libs-lite      x86_64      32:9.9.4-29.el7_2.4         updates      724 k
 bind-license        noarch      32:9.9.4-29.el7_2.4         updates       82 k
 bind-utils          x86_64      32:9.9.4-29.el7_2.4         updates      200 k
 openssl             x86_64      1:1.0.1e-51.el7_2.7         updates      712 k
 openssl-devel       x86_64      1:1.0.1e-51.el7_2.7         updates      1.2 M
 openssl-libs        x86_64      1:1.0.1e-51.el7_2.7         updates      953 k

トランザクションの要約
================================================================================
更新  9 パッケージ
The updates were successfully applied

BINDの動作を確認しましたが、正常に動いています。

Webサーバー間通信内容暗号化(Apache+mod SSL)(CentOS7)

ユーザ名やパスワード等の機密情報をWebブラウザから入力する場合、盗聴される恐れがあるため、Webサーバー間の通信内容を暗号化する。
ここでは、Webサーバーにmod_sslを導入して、URLをhttp://~ではなく、https://~でアクセスすることによって、Webサーバー間の通信内容を暗号化するようにする。

mod_sslインストール

[root@host3 ~]# yum -y install mod_ssl ← mod_sslインストール

[root@host3 certs]# yum -y install make ← makeインストール

» Read more

1 2