提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

メインページ > CentOS_8_で自宅サーバー構築  > yum用リポジトリ追加(CentOS8)

標準リポジトリで提供されないパッケージをdnfでインストールできるようにする。

EPELリポジトリ導入(EPEL)

Fedoraプロジェクトが提供するRHEL用にビルドされたスペシャルパッケージを 配布するEPELを追加してきます。

[root@host3 ~]# dnf -y install epel-release

※他リポジトリとのパッケージの競合をさけるため、enabled=0 として普段は読まないようにしてお

[root@host3 ~]# sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/epel.repo

上記リポジトリを使用してインストールする場合は、以下のようにコマンド入力

[root@host3 ~]# dnf --enablerepo=epel install [パッケージ名]

Remiリポジトリ導入(Remi)

便利なパッケージが数多く配布されている Remi's RPM repository を追加します。

[root@host3 ~]# dnf -y install https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-8.rpm

※他リポジトリとのパッケージの競合をさけるため、enabled=0 として普段は読まないようにしてお

[root@host3 ~]# sed -i -e "s/enabled=1/enabled=0/g" /etc/yum.repos.d/remi-safe.repo

上記リポジトリを使用してインストールする場合は、以下のようにコマンド入力

[root@host3 ~]# dnf --enablerepo=remi-safe install [パッケージ名]