提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

ヤマハ(YAMAHA):A-S2000

カテゴリ

87B6341331514CCA8C37FDDE3D098C73 12073 14.jpg
  • 希望小売価格: 208,950円(税込) (本体価格: 199,000円)
  • 全段バランス伝送、独創のフローティング&バランス・パワーアンプを採用した新世代の高級プリメインアンプ

rakuten.gif amazon.gif

概要

1960年代にフルトランジスター方式のHiFiオーディオアンプが本格的に普及し始めてから、40年以上の歳月が流れました。1970年代には特性の揃った大出力PNP-NPNトランジスターの誕生によって現在の主流であるピュア・コンプリメンタリー方式のパワーアンプが完成し、これが今に続くHiFiオーディオアンプの基本形として長らく重用され続けてきたことは、オーディオ技術に明るい方には改めて説明申し上げるまでもないでしょう。いっぽう近年では、変換効率や動作の均一性に優れるデジタルパワーアンプの台頭ぶりにも注目すべきものがありますが、デリケートな音の表現力や趣味性の高さが第一に求められるHiFiオーディオアンプの分野において、アナログ増幅に取って変わられる存在へと成長するまでには、まだ解決すべき課題が少なからず存在するのも事実です。それでは、オーディオファイルのためのHiFiオーディオアンプは、この先どちらへ向かうべきなのでしょうか。伝統的なピュア・コンプリメンタリー構成のアナログアンプをさらにブラッシュアップし続ける道か。官能面でのデメリットを克服しながらデジタルアンプの高音質化を目指す道か。しかしヤマハが選択したのは、そのどちらとも異なる第三の道でした。コンプリメンタリーではない同一極性のパワートランジスターによって出力段におけるプッシュプル動作の完全対称化(プル-プル化)を実現し、さらにはオーディオファイルの夢とされてきたアナログ信号伝送・増幅の完全バランス化をも併せて可能にする、まったく新しいスピーカー駆動方式=フローティング&バランス・パワーアンプ。ここにご紹介するA-S2000は、そのフローティング&バランス・パワーアンプを技術的な核に据え、明日のピュアオーディオの進むべき道を求めた次世代型プリメインアンプです。

仕様

主な仕様

定格出力 90W+90W/8Ω(20Hz~20kHz、0.02%THD)、150W+150W/4Ω (20Hz~20kHz、0.02%THD)
実用最大出力(JEITA) 120W+120W/8Ω、190W+190W/4Ω
最大許容入力 2.8V(CD BAL、CD ect.、1kHz 0.5% THD)
周波数特性 5Hz~100kHz(CD、+0/-3dB)、20Hz~20kHz(CD、+0/-0.3dB)
全高調波歪率 0.015%(CD→SP OUT、20Hz~20kHz 90W/8Ω)、0.01%(CD BAL→SP OUT、20Hz~20kHz 90W/8Ω)
SN比 100dB(CD、150mV、input shorted)(IHF-A)
入力端子 6系統(XLR1、RCA4、フォノ〔MM/MC〕1)
出力端子 2系統(プリアウト1、レックアウト1)
消費電力 220W
外形寸法(幅×高さ×奥行) 435W×137H×465Dmm
質量 22.7kg
付属品 リモコン、単3乾電池2本、電源コード(2m)