提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

ヘルプ:root宛メールを転送する(CentOS8)

メインページ > ヘルプ:目次 > ヘルプ:自宅サーバー構築(CentOS8)  > root宛メールを転送する(CentOS8)

システムからroot宛に重要なメールが送られてくるので、root宛メールを普段使用しているメールアドレス宛に転送するようにする。

root宛メールを転送する

メールを転送するには、送信メールサーバー(SMTPサーバー)が必要となる。

送信メールサーバーにはPostfixを、使います。

Postfixインストール

[root@host4 ~]# dnf install postfix

[root@host4 ~]# systemctl start postfix

[root@host4 ~]# systemctl enable postfix
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/postfix.service → /usr/lib/systemd/system/postfix.service.

sendmail コマンドがインストールされてなかったので導入する。

[root@host4 ~]# dnf install sendmail mailx

転送設定

[root@host4 ~]# sed -i '/^root:/d' /etc/aliases ← 旧root宛メール転送設定削除

[root@host4 ~]# echo "root: sysop" >> /etc/aliases
[root@host4 ~]# echo "sysop: sysop@sudachi.jp" >> /etc/aliases
 ← root宛メールを普段使用しているメールアドレス(例:sysop@sudachi.jp)宛に転送する

[root@host4 ~]# newaliases ← 転送設定反映

[root@host4 ~]# echo test|mail root ← テストメールをroot宛に送信する

テストメールが転送先メールアドレス宛に届いていることを確認する