提供: すだちWiki
移動先: 案内検索

田舎暮らし - 旅人ちはる - 2021 - 2

プロフィール

私の旅は傷心旅行から始まった。旅は色々な事を教えてくれる。自然は癒しとエネルギーを与えてくれる。だからやめられないのです。相棒(軽キャンピングカー)のお陰で気軽に何処へでも行けれるようになりました。非日常を味わうからこそまた頑張れるのです。道産子です!先ずは北海道を制覇します!

動画は携帯カメラで撮影と編集をしています。
編集時間は、2、3時間程度です。
長い旅の時は旅をしながら編集、投稿しています。
投稿後は撮影した写真と動画は直ぐに削除(容量の問題)します。
そんな訳でいつもお粗末な編集で申し訳ありません🙇🙇🙇
ただ翌日、遅くても翌々日には皆さんに旅動画を配信しています😊

情報発信

記事一覧

映像

  • 掲載の動画は個人的趣味で選んでいます。
  • 新しい動画を上に追加しています。

懐かしの海で結婚観を語る

お天気が良いので、やはり出掛けたくなり昔暮らしていた苫小牧の海に行って来ました。
美味しいチキンに美味しいビール!
気分も良くなり一人でお喋りしていたら・・・
何故か結婚観を語っていました(^^ゞ

旅に行けない。そしてお知らせです。

旅計画が中止になり、そしてまたまた緊急事態宣言の為にキャンプ場に行くのを諦め家に居ることにしました。
お家の庭で旅気分を味わいましたが・・・
でも、やはり違いますよね?(^^ゞ
そして皆さんにお知らせです。
ユーチューバーでもありライターでもあるうめのちゃんから取材を受けまして、この度『カーネル秋号』に出る事になりましたぁー
インディがね(笑)
よろしくお願いします(^^)

旅人ちはるの田舎暮らし(8年目)

田舎暮らし8年目でとても快適な家に引っ越して来ました。
ここは、仕事場のユンニの湯からも近くて、ゆにガーデンからも近い所です。
今年は、そのゆにガーデンのコキアサポーターを仰せつかった私は、ガーデンを背景に素敵な詩の朗読をさせて頂きました。

旅人ちはるの田舎暮らし ルームツアーです。

7年間暮らした家賃一万円の家から隣町の三万円の家に引っ越しました。
新居をご覧下さい。
とても景観が良くて気に入っています(^^)

引っ越しを1週間後に控えて日高沙流川キャンプ場

連日の猛暑の中での仕事(仕事場の気温は32℃)と暑い中での引っ越し準備に、かなり疲れでいた私は、癒しの旅に出掛けましたが・・・
結果・・・遊んでる場合で有りませんでした(苦笑)
そんな訳でその様子を動画にしてみました。

さっちゃんハウスのハンバーグを食べたくて浦河町に行きました

連日の猛暑の中、引っ越しの準備や仕事でヘトヘトになっていました。
当初.遠出を予定していましたが、暑さと疲れと、お天気が崩れるとの事で予定を変更し、先ずは友人のお店のさっちゃんハウスにハンバーグを食べに行って来ました。
その後は、アポイ湯に入って様似町の親小岩に行きました。

猛暑の中、バツイチ女達のキャンプ!(月形キャンプ場)

かなり前から約束していたのですが・・・コロナの関係で延期になっていたキャンプをやっと実現出来ました\(^o^)/
でも・・・また、またコロナが増加していますね(^^ゞ
何かとご批判も多いと思いますが・・・
猛暑の中、バツイチ女達のキャンプを楽しんで来ました。

旅人ちはるのブログ
動画で語らない事などを綴っていきます。
https://charlie418.hatenablog.com/

北の国からのロケ地巡り(富良野麓郷)

昔行った思い出の地 富良野麓郷にある北の国からのロケ地に行って来ました。
現在の建物を見学しながら昔の事を語ってみました。

1日遅れのリアルタイム動画(最終日)かなやま湖

初めて来たかなやま湖畔キャンプ場が居心地良かったのでもう一泊しました。
近くのホテルラーチでコースランチを食べて、一日中のんびりと過ごすことが出来ました。
過去の話しを含めて周りの風景をお楽しみ下さい。

1日遅れのリアムタイム動画(2日目)オソウシ温泉

トムラウシのキャンプ場に一人で泊まり、そこからオソウシ温泉へ
そこも貸切りとなりました。
一日中ずっと雨だったので、移動して南富良野のかなやま湖畔キャンプ場へと移動しました

1日遅れのリアムタイム動画(1日目)只今秘境トムラウシ

7年前に行った、トムラウシ温泉にもう一度行ってみたくて来ました。
以前は、トムラウシ国民宿舎に泊まりましたが、今回はキャンプ場です。
完ソロとなりましたが、もうすっかり慣れました。
温泉と大自然に癒されて来ましたよ。

とある小屋に一人で泊まりました

その小屋は、とても不思議な空間
そこに泊まる時には、必ず
『私は○○家』と答えなくては予約が成立しない
そんな遊び心満載の宿にとても興味を持ちました。
そしてそんな宿に独りで泊まりたいと思ったのは・・・
それが今の心境とマッチしたのでした。

https://www.maoiqnokoya.com
https://maoiq.jp/
https://maoiq.jp/komfort/